2006年04月18日

名言 第58回 (「十八史略・東漢」より)

  士別れて三日なれば、すなわちまさに刮目して相待つべし

 (訳):男子たるもの、三日会わなければ、目をこすって見なおさなければならない(ほどの進歩をしているものだ)。

 (コメント):(三国志の)呂蒙が関羽に言ったといわれることがあります。これは私個人の推測ですが、出典から考えても、恐らく「呉下の阿蒙」(呉の(学問ができない呂)蒙ちゃん、ぐらいの意味)と混同しているのではないかと。まあ本当はどうだったかなんて誰もわからないしどうでも良いんですけどもね。
 ともあれ、この大げさなところと脅迫めいた物言いがいかにも中国っぽくて好きですね。
posted by LG18 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。